スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.03.16 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

短期集中連載 『スクランブル江戸4youギャラリー』その◆ 船劵螢絅Δ侶鈎帖


どうも皆さんこんばんは。土屋です。

さてさて、前回に引き続き、前公演「スクランブル江戸4you」の公演写真紹介をいたしますよ。
稽古が本格化するまで昔の話をしてるのもなんなので、5月中には連載を終えたいところ。

前回では、福田岳司演じるedo4の一人、『福太郎電鉄』を率いる“ヒリュウ”が反旗を翻した、というお話をいたしました。
「スクランブル江戸4you」という作品は、すんごくざっくり分けると
前半が“ヒリュウ編”、後半が“イツキ編”という感じに二分できます。

前半“ヒリュウ編”では、『男塾』塾長セイヤ、『南都十字銀行』頭取タイガ、『聖域(サンクチュアリ)』の皇太子イツキというedo4の三人と、
『世界の暴力』と『世界の金銭』を手に入れたヒリュウの対決、という構図で進むのですね。

では、ヒリュウが手に入れた『世界の暴力と金銭』とは、どんなものだったのか。
今回は、いわば「ヒリュウの軍団」とも言える、彼らを紹介しましょう。





ということで、まずはこの男からでしょう。
『ぺーさん’s13で最もやられっぷりがサマになる男』こと伊藤由樹が演じる、中国マフィア・リー。
敵から味方から圧巻のボコられぶりを見せ、まさに伊藤の名に恥じぬキャラクターでした。
『世界の暴力』の一翼をになう彼、一応中国マフィアをシメているはずなんですが、
登場シーンから後は一つも格好いいとこがありません。すごいね!

中盤の山場で「リー&ヴィルマフレア(ナカバシマリナ)対聖域三巨頭・アン(宮本将吾)」という殺陣があるのですが、
ほとんど一人でリーがアンと闘い、後ろからヴィルマに撃たれる(リーが)という、
ある意味このキャラの全てを集約した迷シーン。
風水術が使えるとか、死んだと思ったら双子の弟だったとか、割と芸の細かい(?)とこも。




続いてはこの人。
『世界の暴力』のもう一翼をになう、ロシアンマフィア頭領・ヴィルマフレア。
ぺーさん’s13では準レギュラー的なペースで出演してくれている、ナカバシマリナ嬢が演じました。
まるで無かったリーのいいところがどこに行ったかというと、この人が全部持っていったわけです。
結果、飛び道具を除けば脇役でも屈指の人気で、「ロシアンマフィア格好いい」との意見がチラホラ。

ちなみに裏設定で、ロシアンマフィア頭領の地位はイツキの母・イリーナの跡を継いだ、というものがありました。
エピローグでそれをうかがわせる台詞があったのですが、尺の都合で泣く泣くカットに。




先ほど「飛び道具を除けば…」みたいな言い方をしましたが、この人が飛び道具その,任后
『世界の金銭』を体現する男、『リーマオ・ブラザーズ』社長、マリオ。
まんま配管工のあの人ですね。中盤以降はヒリュウの妹・モモの病を治すため
Dr.マリオにもなるというマルチプレイヤーぶり(?)でした。
正直、人気トップ2の片翼は彼でした。特に子どもに絶大な人気。

演じたのは、…多くの皆さんはよくご存知でしょう。
カメハウス団長、亀井伸一郎。存分に暴れてくれました。




そして彼が飛び道具その◆リーと同卿の変態ドクター、ホイ。
登場シーンは僅かで、しかも中盤で死亡するにも関わらず、
あまりの饒舌さと変態的なキレの動きに鮮烈な印象を残しました。

演じたのは『ちゃうかちゃわんの至宝』こと、宮本・バイク・将吾。
彼には“聖域三巨頭・アン”というもう一つの大きな役もあったので、詳しくはそちらで。




さて、飛び道具が続いたので最後はお口直し…て訳でもないですが。
ご紹介しましょう。“世界最高の医師”Dr.クレア。
『世界の暴力・金銭』なのに医師…あれ?と思われるかもしれません。
しかし、いわば彼女こそ「本当にヒリュウが必要とした存在」でした。
そう、上でも少し触れましたが、ヒリュウの動機は結局「病気に侵された妹を救いたい」という一事に貫かれていたわけです。

演じたのはかじのはらこ(現・梶原くみ)さん。敬愛する女優です。
得意のマイクパフォーマンスを活かしたマリオとのコンビも光ってましたが、
何より、イツキの母・イリーナとの関係性がストーリー的には肝でした。
これも詳しくはまた、イリーナを紹介する時にでも。
クライマックス手前でセイヤをもう一度奮い立たせたり、
密かにドラマの上できわめて重要な役割を担っていた人です。




さてさて、今回はちょっと長くなってしまいました。
連載って骨が折れるなあ…。
僕のコメントも結構断片的なので、もう少し全体像が把握したいという方は以下の劇団discographyのページを参照してみてください。
http://peeeez13.web.fc2.com/discography3.html

役者名をクリックすると、公演前にアップされた各役者紹介も見れます。割と面白いです。
写真がオフショット感あふれてるのが◎。
客演さんの写真、結構貴重なものもあるんじゃないかな…?

ところで、明日はついに次回公演『昆虫王国ムシキングダム〜スーパー・ファーブル・ヒーローズ〜』の顔合わせ。
上の写真で紹介した顔、あるいは新しい顔と会ってきます。
ひとえに、楽しみですね。




短期集中連載 『スクランブル江戸4youギャラリー』

 
どうも皆様、こんばんは。土屋です。

さて、短期集中連載なんてことを突然言い出しておりますが、
まあ簡単に言うと、前回公演『スクランブル江戸4you』の公演写真を紹介するコーナーです。

どういう趣旨の企画かといいますと。
なにせ前回公演からはや1年経っているので、
そろそろ皆様にも、「ぺーさん’s13ってどんな劇団やったっけ」と思い出していただいた方がいいかなあと。ふとそう思ったわけです。
ひょっとしたら前回公演以後にぺーさん’s13を知った方もいるかもしれませんし、
そんな方々には自己紹介にもなればなぁと思います。

そしてなにより、うちの映像にして宣伝美術にしてカメラマン・甲田春樹くんの撮った公演写真が、
なかなかいい感じのものが多いんです。

改めて、是非皆さんにも見ていただければ…。


という訳で、早速、始めたいと思います!




前回公演は、「大江戸時代」という架空の時代(というよりパラレルワールド?)の日本を舞台とし、
日本の平和は、「edo4」という天皇を頂点とする4人の男達とその傘下の組織によって保たれている、という設定でした。
日本の全ての武力を支配する、『男塾』を率いるedo4“セイヤ”
を演じたのは、我らが座長・北山貴靖。
主宰・脚本・主演というやりたいほうだいぶりでした。





ところがその均衡は、edo4の一角『福太郎電鉄』の“ヒリュウ”が
鎖国令を破って『世界の武力と金銭』を手に入れることにより、破壊されます。
日本の全ての連絡・交通手段を支配する彼を演じたのは、福田岳司。
シリアスさとキモさ(いい意味ね)を同居させる彼の個性が、いかんなく発揮されてましたね。





日本の全ての金銭を支配する『南都十字銀行』の“タイガ”を演じたのは、
劇団ぺーさん’s13を代表するコメディアン、岡本和樹。
後半はすっかりやられ役になってた彼ですが、最終的に語り部になるというストーリー上重要なポジションでした。
おかもは動いている所を見るとネタキャラにしか見えないんだけど、写真だと驚くほど男前。
しかしスーツの似合い方が半端じゃないな…。





そして全ての権限を支配する『聖域“サンクチュアリ”』の天皇陛下、
その皇太子“イツキ”の役を、不肖・土屋が演じました。
実は彼は、個人的には近年演じた役の中で最も印象に残っている一つです。
客演率が高いうちの劇団ですが、
この公演では、劇団員4人できれいにメインキャストを固めました。





さて、初回ですし、まずはこれくらいでしょうか?
まだ劇団員の伊藤・賦句・高田の写真も出てないですが、それはまた次回。

ちなみにこれらの写真、frickerの以下のページで見ることができます。
http://www.flickr.com/photos/49746145@N05/sets/72157623961832088/detail/
一応劇団HPからリンクされてたんですが、すごーく地味だったので…。
実は、僕もこの間気づいたので…。
ぜひぜひ、興味の湧いた方はチェックしてみてください。




| 1/1PAGES |

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Peeeez Twitter

Peeeez Movie Clips

第三回公演 スクランブル江戸4YOU
ダイジェスト オープニングアクト ドクターマリオ リアル桃太郎電鉄 おっくせんまん

youtube内劇団のチャンネルは

こちら!!!

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

Peeeez Profile

PR

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM