スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.03.16 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

雀風記〜純白のツモは君に汚されて〜

岡本ばぁん1.jpg
どうも。週に一回は日記を書こうと勝手に胸に誓ったものの、見事に夢破れた北山です。
通勤・移動時間の大半を怪盗ロワイヤルに費やしている今、日記を書く時間なんてほとんどありません。
僕は怪盗界では、いわゆる『防御特化型』と呼ばれるレアな存在です。
なぜレアかと言うと、このゲームは、いわゆる『攻撃特化型』に圧倒的に有利に出来ているからです。
選択間違えた。
今から始める人は攻撃特化の道に進むことをオススメしますよ。
でも僕はあくまで、防御特化を貫きますがね。
僕のお宝を狙う輩なんて、ボコボコに返り討ちにしてやるんだから!!
とゆーわけで、麻雀界の防御特化型の岡本君のストーリーが今日も始まるよ。


【雀風記〜純白のツモは君に汚されて〜】

オレの名前はジャンボボンボン岡本。
27歳になっても愛読書はコミックボンボン。
ファンキーガイだ。
今オレはいわゆる『麻雀』と言うゲームをしているんだが、今非常にピンチでパンチな事態に遭遇している。
パンチ佐藤もびっくりだ。

土屋『ジャンボ君…そのツモは誤ツモだよ。』

大先輩の土屋氏がオレのアガリにケチをつけてきたのだ。
誤ツモ??オレがチョンボしてるってのか??
そんなことは、ありえない。
聴牌は何度も確認した。
間違いなく『白待ち』だ。

ジャンボ『そっっっんなわけありません。よう見て下さい。
上がってますよ。国士無双。白待ちですわ。』

座長『…テンパるな、ジャンボ。お前の手はまだ聴牌してへん。』

また意味のわからんことを。
こいつは一体、どこに目ぇつけてんだ!?
金玉か!?
よく見ろオレの国士無双を…!?!?!?!?!?!?

岡本ばぁん1.jpg

東 南 西 北 發 中 一萬 四萬 九萬 一索 九索 一筒 九筒

どう見ても聴牌…

ん??

………

ジャンボ『ば…かな…』

一萬 四萬 九萬…

一萬 四萬…

岡本ばぁん1.jpg

四萬!?!?!?!?!?

テンパイ…シテナイ??

岡本ばぁん1.jpg

ばかなぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!

岡本ばぁん1.jpg

一体ナニが起こってる!?
四萬は確かにさっき切り放ったはず!!

岡本ばぁん1.jpg

お前(四萬)は一体どこからやって来た!?

岡本ばぁん1.jpg

困惑するオレを余所に、隣から冷ややかな笑いがこだまする。

土屋氏『はっはっは。残念だったね。ジャンボ君。』

瞬間、オレの背筋に寒気が走る。

ナニごと!?
ナニが、金玉が、心臓が縮み上がりて悲鳴を上げる。
これは…殺気??

土屋氏『そんな手を…上がらせると思うか??』

そう言い放つと土屋氏は握り締めていた右拳を、ゆっくりと開いていく。
その手にあるのは九萬の姿…
まさか…??

土屋『その通りだよ。ジャンボ君。』

ギリやがったぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!
土屋氏…いや、土屋ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!
クソが!!いくら勝ちたいからって、そこまでやるか!?ぶっ飛ばしてやりてぇ!!
いや、落ち着け。
このゲス野郎を殴ったところで、オレには何の得も無い…
ここは対話だ…
オレ達は獣じゃない。
オレ達は人間だ。
オレ達には言葉が…心がある。
こいつも出来心で、やっちまったことだろう。
話し合えば、きっとわかってくれるはず。
そうさ。オレ達は今、一つのテーブルについているんだから。
さぁ。話し合おう。過去を責めることに意味は無い。
オレ達に必要なのは…未来(あした)だ。

ジャンボ『…はっはっは。も〜。冗談が過ぎますわ。てゆーか、いつの間に、牌をすり替えるとかそんな技、身につけたんすかww
ほんま、えげつないわww
いや、ええもん見せてもらいました。
ほなまあ続けましょか。
とりあえず、その九萬返して下さいな。1万7千オールですわ。』

土屋『え??5千オールでしょ??』

ジャンボ『は??』

土屋『チョンボは5千オール。ジャンボはチョンボしたんやから当然でしょ。』

座長『はよ払え。』

………は??
マジか??
こいつらマジなのか??
マジで、このイカサマ押し通すつもり??
マジ??ガチ??ガチで??ガチで無知??
ガチムチ??マジガチムチ??



2人は真剣な目でオレの方を見てくる。
………本気か。。。



………………………………………………………………殺ってやんよぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!



次回、土屋のイカサマにより、舞台は戦場と化す。
テーブルの上で交わされるのは言葉ではなく銃弾であった。

【雀風記〜僕らの34打牌戦争〜】

to be continued...

雀風記〜リーチ一発誤ツモ〜

岡本ばぁん1.jpg
どうも。怪盗ロワイヤルのイベントが厳し過ぎて、精神的に疲弊している北山です。
スター侍のラフ映像を見てましたが、岡本君の表情と動きが相変わらず神がかってて感動的です。
そんな彼の麻雀風景を徒然なるままに書き綴る『雀風記』が今日も始まるよ。


【雀風記〜リーチ一発誤ツモ〜】
オレの名前はジャンボボンボン岡本。
みんなからはジャンボと呼ばれている。
麻雀界のコミックボンボンだ。
コミックボンボンはいい。
少年ジャンプにも負けない熱量と勇気を貰える。
がんばれゴエモンには何度、勇気を貰ったことか…
オレも、みんなに勇気を与えられるような男に。
否!!男の中の男!!すなはち漢!!熱血漢!!
松岡修造のような漢にオレはなる!!
部屋に飾ってある松岡修造のポスター『もっとお米食べろよ!!』に手を合わせ、今日もオレは白米をかっ食らう。

米はいい。噛めば噛むほど甘味が広がる様は、パンでは味わえない快感だ。
まあ、パンも悪くはないのだが…
昔、見ていたアニメ『アンパンマン』がトラウマで、正直食う気にはなれない。
顔を食べるシーンがあまりにもグロ過ぎて…ありえない。
今ではすっかりパン恐怖症だ。
オレは普段は温厚なんだが、かつて一度だけ本気でキレたことがある。
友人がふざけて、オレのことを『アンパンマンみたいww』と言って来たのだ…
ボコボコにしてやった。
そいつの顔をアンパンマンみたいにしてやった。
それぐらいアンパンマンはトラウマだ。
だからパンはダメだ。
そもそも日本人なら白米だろう。

そんなことを思いながら、オレは白米を一通り食べて、麻雀の準備をする。
お守り代わりに『白』の牌をポケットに入れ、準備完了。
さあ。ぶっこんで行くぜ!!



@土屋邸



今日の麻雀は大先輩・土屋氏の邸宅で執り行われている。
現在、時刻は22時12分。
既に1半荘を終え、オレは只今断トツ最下位。
未だに1度も和了れていない。
トップは座長の北山…断トツだ。
さっきから何度も何度もツモツモツモ…
こっちは未だにリーチの1つもかけれてねぇってのに…
何かやってんじゃねぇか!?

座長『ツモ!!』

またかよ!?うぜぇな!!
畜生。このままじゃ、じり貧だ…勝負手さへ入れば…
その時!!

東 南 西 北 發 中 一萬 九萬…

来た!!国士無双を狙える配牌!!勝負手だ!!
オレはお守りの『白』を握りしめ、慎重にツモを重ねる。
一牌、二牌、三牌…順調に手は進み…
終盤にて聴牌!!来た来た来たぁ!!
残りのツモは4つ…
行ける!!今のオレなら必ず行ける!!
しかし、その時…!!

座長『リーチ!!』

くそがぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!
なんで貴様には、そこまで手が入る!?
どこまで好調だ!?
いい加減腹が立つぜ!!
くそ…まあいい。先に上がれば…!?

座長のリーチ後、初のツモは…
四萬…だと??
四萬だとぉぉぉぉぉぉ!?
ド危険な牌じゃねぇか!!
ふざけやがってぇぇぇ!!
どうする??諦めるか??
否!!諦めないことが大切なんだ!!
松岡修造も安西先生も、偉大な漢たちはみんな『諦めるな』と言っていた。
オレは諦めない。
オレは絶対に、この国士無双を和了りきる!!
オレは強い意志とともに
、四萬を切り放つ!!

ジャンボ『リーチだ!!』

座長『ちっ…通しだ。』

よーし!!勝った!!これは勝ったも同然!!

そして次のツモは…白!!
ツモぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!
国士無双来たぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!

ジャンボ『リーチ一発ツモ国士無双…ここから始まるぜ??オレの時代がよ??』

土屋『…』

座長『…』

ジャンボ『…??』

あれ??反応がないぞ??おかしいな…さすがに『オレの時代』とか言ったのはサムかったか??

土屋『ジャンボ君…それ、誤ツモだよ。』

岡本ばぁん1.jpg

!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?



次回、ジャンボに何が起こったのか!?誤ツモの真相とは一体!?

【雀風記〜純白のツモは君に汚されて〜】



to be continued...

雀風記〜ジャンボボンボン岡本〜

岡本ばぁん1.jpg
どうも。先日の麻雀(三麻)では、15半荘で+252(点5)とゆー圧倒的戦績を残した北山です。
ぶっちゃけ、我が劇団での麻雀ランキングは土屋氏と岡本君がツートップなので、負ける気満漢全席だったんですが。
岡本君が序盤ふざけてくれたおかげで、なんとか流れを掴めました。
それでは、岡本君のおふざけを岡本君に成り切って、以下に再現したいと思います。
もしタグをつけるとしたら、『大体合ってる』です。

【雀風記〜ジャンボボンボン岡本〜】

ちゅんちゅん。ちゅんちゅん。

雀たちが、ご機嫌なコーラスを奏で始め、オレはふと目を覚ます。

ちゅんちゅん。ちゅんちゅん。

どうやら、携帯の着信メロディが鳴っているらしい。
やはり着メロは雀の鳴き声にかぎる。
放出されるマイナスイオンがケタ違いなのだ。
マイナスイオン効果でオレの頭の中のα波もワルツを始める。
ワルツはいい。
マイナスイオン効果を最大限に発揮できる。
頭の中をワルツさせながら、オレはダンサブルに携帯をスライドさせる。
小気味良い音と共に、文字の羅列が目に飛び込んでくる。
どうやら座長からメールが来ているようだ。
今、時間は朝5時45分…いつもなら悠々と睡眠を貪っている時間だファック。
一体、何の用だ。
こんな早朝から座長がメールとは珍しい。
まあ、どうせろくでもないことに違いない。
そんなことを思いながらも、オレは飛び込んできた文字達を一気に解読する。

座長『麻雀をしないか??』

エクセレント!!
ろくでもない等と言って、申し訳ナッシング!!
オレも今!!まさに!!猛烈かつ果敢に麻雀がしたいと思っていた所なんだ!!
まるでオレの心を読んだかのように来た麻雀のお誘いに、がらにもなく昂揚する。
眠気なんざ、吹っ飛んじまったぜ。
今日は朝から幸先がいい。
高鳴る胸の鼓動を、更に高鳴らせ、オレは勝負パンツを穿く。

『こいつで今日もフルボッキ…いや違う。フルボッコだぜ!!…噛んじまった。』

キメ台詞で噛むなんてオレらしくもない…
興奮してるのか??
まあ、約2年振りの麻雀なんだ。仕方ないだろう。
さて。勝負パンツのスタチュー・オブ・リバティも穿いたことだし、そろそろ勝負に繰り出すか。
まずは景気づけにパチンコだな。
自由への扉を開いてやるぜ。
なんせ、こっちにゃ、女神がついてんだ。
スタチュー・オブ・リバティ…自由の女神が、な。
へっ。ハイにキマったか??
さぁ、行こう!!
勝利の美酒を、煽りにな。
あぁっと。一つ、大事なことを言い忘れてた。失礼。
オレの名前は、『ジャンボボンボン岡本』だ。
『麻雀界のコミック・ボンボン』とも呼ばれている。
よろしくな!!



次回、ジャンボボンボン岡本が座長と土屋氏に下剋上を挑む。

【雀風記〜リーチ一発誤ツモ〜】

to be continued...

岡本ばぁん1.jpg

ジャンボ『ばぁん!!』

| 1/1PAGES |

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Peeeez Twitter

Peeeez Movie Clips

第三回公演 スクランブル江戸4YOU
ダイジェスト オープニングアクト ドクターマリオ リアル桃太郎電鉄 おっくせんまん

youtube内劇団のチャンネルは

こちら!!!

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

Peeeez Profile

PR

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM